1. HOME
  2. バックナンバー
  3. バックナンバー 一覧
  4. Primaria Vol.36

Primaria Vol.36

 

backnumber_Vol_36_top.jpg 

backnumber_toptext_Vol_36.png

Visionary People-新たな価値をつくり出す人々-

道はあっても「獣道」。
それでも患者のために分け入った

南東北グループ総長/一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院理事長

渡邉 一夫

 
プレジール・グルマン この人の好物は?「おはぎ」
 
トピックス
 
医療デジタル革命のトップランナーたち

第8回 『ワトソン』は医療のあり方をどう変えるのか(下)

 

臨床研究の道標 総合診療 各論編

第19回 ポリファーマシーを招きやすい

       医師に見られる傾向は何か

 

発行人対談-今、問われるべき医療テーマ-

日本の地域医療に貢献しながら海外で経験を積む夢も実現

マヒドン大学熱帯医学部特任教授/順天堂大学医学部総合診療科学講座講師

森 博威

 

エトセトラ 第15回 上手な医療のかかり方

 

From SCE ~日本臨床疫学会から~

日本臨床疫学会第3回年次学術大会開催のお知らせ

 

ふくしまから始める― Future From Fukushima ―

 

backnumber_Vol_36_image01.jpg

道はあっても「獣道」。

それでも患者のために分け入った。

「やっと、お会いできました」

 南東北グループの総長を務める渡邉一夫氏を目の前にして思わず、そう言っていた。
 1944年、福島県須賀川市の貧しい家に生まれる。幼少時から学力優秀で、苦学をしながら1964年、福島県立医科大学に入学。卒業後は、まだ珍しかった脳神経外科を専門とし数年間、大学の
関連病院に勤務。
 その後1981年、37歳のとき、故郷の福島県郡山市に莫大な費用を投じて、CTやMRIといった機器を備える南東北脳神経外科病院を開業。そこから一代で、1都1府4県に100以上の医療・介護・福祉施設を展開する南東北グループを築き上げた。
backnumber_Vol_36_image02.jpg

backnumber_image03-22.jpg

ポリファーマシーを招きやすい医師に見られる傾向は何か

我が国の医療界で、ポリファーマシーが問題となって久しい。

そうした中、米国に留学をしていた家研也氏は、臨床にたずさわった際、同国でもポリファーマシーに陥っている患者が多い実態に驚かされ、自分のような家庭医こそがポリファーマシーの問題に取り組むべきと考えた。
そして家氏は、現地での臨床研究の実施を決意。
どのような医師がポリファーマシーを引き起こす傾向にあるのかを明らかにすることに成功した。
backnumber_image04-6.jpg

第8回『ワトソン』は医療のあり方をどう変えるのか(下)

元・日本アイ・ビー・エム株式会社執行役員/ワトソン&クラウドプラットフォーム事業部長

吉崎 敏文

いわゆるAI技術の中でも、特に知名度が高いのがIBMの『ワトソン』だ。同社では、音声認識、画像認識、自然言語処理、
感情分析・性格推定の4つの技術要素をパッケージ化し、ワトソンのAPI(ウェブ上でソフトウェアの機能を共有すること)として従量課金制で、世界中の法人顧客に提供している。
 今回は、前編に引きつづき元・日本アイ・ビー・エム株式会社の吉崎敏文氏から、実臨床でのAIの活用の可能性や、活用にともなう問題点、さらには今後のAIの発展についても語っていただいた。
backnumber_image05-3.jpg

日本臨床疫学会第3回年次学術大会開催のお知らせ

日本臨床疫学会(SCE)は、2019年9月28~29日の2日間にわたり、福岡市の『パピヨン24』で第3回年次学術大会を開催します。

今回のテーマは、「継往開来~伝統の継承と未来への挑戦」。
伝統的な疫学的視点と新しい手法や技術の融合を議論の中心に据え、多くの一般演題や研究実践ワークショップが展開されます。
backnumber_image06-1.jpg

第29回〈寄稿〉

現場で抱いた疑問から始める

臨床研究の醍醐味を若手に伝えたい

福島県立医科大学白河総合診療アカデミー准教授

竹島 太郎

自治医科大学出身の竹島太郎氏は、茨城県内の病院で地域医療に従事しているとき、東日本大震災に遭遇した。それをきっかけとして竹島氏は、被災地である福島県の医療を支える活動にたずさわるようになる。そして昨年4月からは、白河市にあるJA福島厚生連白河厚生総合病院を診療の場とする福島県立医科大学白河総合診療アカデミーの准教授に就任し、後期研修医たちが行う臨床研究の支援などに取り組む。

backnumber_image07-2.jpg

マヒドン大学熱帯医学部特任教授/順天堂大学医学部総合診療科学講座講師

森 博威

日本の地域医療に貢献しながら海外で経験を積む夢も実現

海外での医療への従事や留学を希望する際に考えなければならないのは、おおまかには次の3つ。現地で生活を送るための資金づくり、帰国後に働く場所の確保、そして、現地に関する詳細な情報の入手方法だ。森博威氏は、海外志向の医師が、これらのハードルを乗り越えて日本と海外の両方で、安心して活躍できるよう支援活動に取り組んできた。

 

送付申し込み・登録変更のご案内

backnumber_image11.png

 backnumber_image09-button.png

 

『Primaria』第37号の発行は2019年8月の予定です。