1. HOME
  2. バックナンバー
  3. バックナンバー 一覧
  4. Primaria Vol.30

Primaria Vol.30

 

backnumber_Vol_30_top.jpg

backnumber_toptext_Vol_30.png 

エトセトラ 第9回 医師の働き方改革

 

Visionary People-新たな価値をつくり出す人々-

「妄想」では終わらせない。40兆円超の

医療業界の変革を誓った「社会起業家」。

株式会社ミナケア代表取締役

山本 雄士

 
プレジール・グルマン この人の好物は?「マトンカレー」
 

発行人対談-今、問われるべき医療テーマ-

大学間の「格差」是正のため特色ある研究拠点の設置を

独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター顧問

黒木 登志夫

 

Close Up

総合周産期母子医療センター化、小児救急医療拠点病院をめざして

独立行政法人国立病院機構福山医療センター

 

臨床研究の道標 総合診療 各論編

第13回 救急外来受診時の体温で細菌感染症のリスクを評価

 

From ACP(米国内科学会)Japan Chapter

 

ふくしまから始める-Future From Fukushima-

第24 臨床研究の実践と総合診療医としての

    成長の両立を福島で実現する

 

トピックス

 

backnumber_Vol_30_image01.jpg

「妄想」では終わらせない。40兆円超の医療業界の変革を誓った「社会起業家」。

 確かに国内には、医師免許とMBAの2つの資格を持つ人が若干はいる。しかし、東京大学(以下、東大)医学部を卒業して医師免許を取得、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取った日本人

は山本雄士氏が初めて。そんな「超」がつくエリート街道を歩んできた山本氏は、現在、株式会社ミナケア代表取締役を務める。彼への取材が進んでいく中、抜きん出た経歴をバックグラウンドにベンチャー企業を興した人は、そうとう自己顕示欲が強いか、今どきの“お兄ちゃん”かと安易な想像をしていた自分を恥じた。山本氏は、巨大な医療業界のビジネスモデルの変革に挑む、想定外の希有な存在だったのだ。
backnumber_Vol_30_image02.jpg

backnumber_image03-16.jpg

救急外来受診時の体温で細菌感染症のリスク評価

臨床現場では、医療者が「常識」だと思っていることに

実はエビデンスが存在していないといったケースがしばしばある。「細菌感染症患者においては、高い熱が出る場合よりも、むしろ低体温のほうが悪化するので警戒すべき」との見解もそのひとつだろう。
ベストセラー『かぜ診療マニュアル』の著者で知られる山本舜悟氏は、経験的には広く知られているこの見解を立証しようと救急外来を訪れた細菌感染症患者を対象に臨床研究を行い、救急外来受診時の体温が高いほど予後が良好であると突き止めた。
backnumber_image04-4.jpg

総合周産期母子医療センター化、小児救急医療拠点病院をめざして

独立行政法人国立病院機構福山医療センター院長

岩垣 博巳

独立行政法人国立病院機構福山医療センター副院長

長谷川 利路

広島県福山市の独立行政法人国立病院機構福山医療センターは、昨年12月に病院を建て替え新たなスタートを切った。
同院が、ハード面の充実の次に打ち出したのが周産期新生児・小児医療のさらなる強化だ。院長の岩垣博巳氏と副院長の長谷川利路氏がその実現に向け推進するさまざまな施策について語ってくれた。
backnumber_image05-1.jpg

工夫と心がけ次第で臨床研究は実行できる

香坂俊氏は、日米両国での

臨床経験を持つ循環器内科専門医だ。両国での診療の顕著な差異に触れるうちどういうかたちで行われる臨床研究が
正しいのか、考えるようになったという。
そして帰国して10年、香坂氏の考える現在の臨床研究の枠組みとはどういったものなのか。具体的に取り組んでいる事例を中心に語っていただいた。
backnumber_image06-1.jpg

第24回〈寄稿〉

臨床研究の実践と総合診療医としての成長の両立を福島で実現する

福島県立医科大学白河総合診療アカデミーシニアレジデント

鈴木 龍児

鈴木龍児氏は、ER型救急医や病院総合医として、約10年間にわたって総合診療のキャリアを形成してきた。総合診療に魅せられ、経験を積めば積むほど、さらに臨床経験が必要だと感じるとともに、臨床研究も手がけたいと思うようになる。そうした中、総合診療の臨床業務と臨床研究の両方を実践できる『福島県立医科大学白河総合診療アカデミー』の存在を知った鈴木氏は、あらためてシニアレジデントとなって後期研修を受けることを決意し、福島の地へ赴いた。

backnumber_image07-2.jpg

独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター顧問

黒木 登志夫

大学間の「格差」是正のため特色ある研究拠点の設置を

発がんメカニズムや、がん細胞に関する研究者として知られ独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター顧問として日本の科学研究政策に対し、さまざまな提言を行っている黒木登志夫氏は、我が国の大学の研究レベルの凋落傾向とそれを生み出す大学間の深刻な「格差」について大きな危機感を持つ。

今回は、大学間の格差を是正し研究レベルを向上させる策についてうかがった。

 

送付申し込み・登録変更のご案内

backnumber_image11.png

 backnumber_image09-button.png

 

『Primaria』第31号の発行は2018年8月の予定です。

 

トピックス